バレーボールの仙台ベルフィーユがVリーグ機構からの退社を勧告されていたことが判明、廃部濃厚か

2017年6月23日、バレーボールの仙台ベルフィーユがVリーグ機構からの退社を勧告されていたことが判明しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

経営状況の改善が見込めず

仙台ベルフィーユは2005年に香川県高松市で発足した「四国Eighty 8 Queen」の活動停止を継承し、2011年に仙台市に誕生した地域密着のクラブチーム。

チームが抱える負債の解消と経営状況の改善が見込めるだけの客観的な判断材料を見出すことができず退社の勧告という結果となってしまったようです。

今回の勧告により、仙台ベルフィーユは2017V・サマーリーグ女子東部大会へ不出場が決定しました。

とても残念なニュースです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。